自宅撮影用の照明ライトの形や種類と有名なメーカーやブランドとおすすめリングライトの比較

自宅で一眼レフで撮影していると、照明が欲しくなりました。

なぜかというと、照明で写りがかなり変わると判明したからです。

写真撮影スタジオには何度か行ったことあり、光で飛ばしたら肌の質感がなくなり綺麗に見えることは知ってましたが、それが実感出来ました。

たまたま自宅の電気の近いところで撮影すると、遠い場所で撮影した場合と比べて、格段に写りがいいんですね。

肌のシワやほうれい線などもほとんど映らなくできるので、撮影もかなり楽しくなるでしょう。

一眼レフを使っているとある程度綺麗には映りますが、照明は更に綺麗に映してくれます。

おそらくYouTuberの方のほとんどが、自宅の電気だけでなく、照明を用意しているでしょう。

というのも、映りが良く売れてるYouTuberさんは、事務所に入ったり、撮影や動画編集は専門の人がしてたりすると思います。

なので、撮影時にはもちろん照明も持参してるでしょう。

さて、では自宅撮影に適した照明はどれが良いのでしょうか。

照明のライトの種類

照明のライトの種類は、
  • 蛍光灯(けいこうとう)
  • 白熱灯(はくねつとう)
  • HMI
  • LED
があります。

それではそれぞれの特徴を書いていきます。

蛍光灯(けいこうとう)


蛍光灯は、一般家庭でよく馴染みのあるものです。

昔から家庭で使われていた多くが蛍光灯です。

蛍光灯は、
  • 値段が安い
  • 発熱が少ない
  • 寿命が長い
といった利点があります。

ただ、蛍光灯は蛍光灯は、肉眼では分からないくらいの速さで点滅しています。

それによって細かいちらつきが映像に表れてしまう「フリッカー現象」が発生してしまう可能性があります。

そして、寿命が近づくチカチカと点滅してくるのも特徴です。

白熱灯(はくねつとう)


白熱灯も、一般家庭でよく馴染みのあるものです。

蛍光灯に比べて真っ白に近いライトを照らすことが出来ます。

よって、白熱灯は色を正確に見せることが出来ます。

電球自体が安いですが、電球の寿命が短く、発熱するために長時間の撮影では高温になり、危険が伴う場合があります。

HMI

↑↑ 詳細は画像をクリック ↑↑


HMIは「Hydrargyrum Medium-arc Iodide」の略で、メタルハライドランプを使用した照明です。

太陽のような光を放つことが出来ますが、こちらはかなり高価になり、完全にプロ仕様になります。

LED

↑↑ 詳細は画像をクリック ↑↑


LEDは「Light Emitting Diode」の略で、発光ダイオードと呼ばれる半導体です。

こちらは上記より一番新しいタイプで、大幅に寿命が長く電力も少なく済みます。

現在では一般家庭でも人気で、撮影器具などにも使われたりします。

撮影用照明の有名なメーカー

撮影用照明の有名なメーカーは、以下のようなものがあります。

プロ用スタジオ向け

NANLITE(ナンライト)

主にプロ用のスポットライトやスタジオライトを販売している中国の会社です。

価格帯は、4万〜数十万以上する照明機器が多いです。

公式サイト

GODOX(ゴドックス)

主にスタジオ撮影用の製品を取り扱っている中国の会社です。

価格帯は、1万くらい〜10万円以上するものまであります。

公式サイト

Aputure(アプチャー)

主にスタジオ撮影用の製品を取り扱っている中国の会社です。

価格帯は、1万台〜10万以下くらいです。

公式サイト

Phottix(フォティクス)

多機能で高価なリングライト製品などを取り扱っている、中国の会社です。

公式サイト

自宅撮影向け

NEEWER(ニーワー)

自宅撮影用や、スタジオでも使えるくらいの照明などの製品までを主に販売している中国の会社です。

公式サイト

TARION(タリオン)

カメラ関係のアクセサリーを中心に販売している海外の(おそらく中国の)会社です。

公式サイト

UBeesize(ユービーサイズ)

主に自宅撮影向けの製品を扱っているアメリカのメーカーです。

公式サイト 公式YouTube

照明の形の種類

初めて照明を選んでいると、様々な形があり混乱してしまいます。

照明は、スタジオ用家庭用含め、以下のようなタイプがありますので、形などの違いを挙げていきます。

リフレクター付き照明




リフレクター付きの照明は、無駄な方向に向かってしまう光を跳ね返して狙ったところに集中させる効果があります。

このタイプは、撮影スタジオでよく使われており、どの製品も結構高価になります。

照度もかなり高く、1mで10000〜100000luxくらいの製品があります。

遮光板(バンドア)付き照明


バンドアは、光の広がる範囲や角度を調整出来ます。

このタイプも撮影スタジオで使われる場合が多いですが、上記のタイプよりは比較的値段が下がるイメージです。

照度は大体1mで3000〜10000luxくらいの製品が多いです。

ソフトボックス/ディフューザー付き照明

↑↑ 詳細は画像をクリック ↑↑


照明に覆っている囲いがソフトボックスで、光の前側に遮るように設置するのがディフューザーです。

ソフトボックスは、光を拡散させながら、一部分だけの照らす指向性を持たせることが出来ます。

ディフューザーは、光の強さを軽減して、光をやわらかくしたりします。

撮影スタジオや自宅撮影でも使われたりしますが、ただ自宅だと結構場所を取ってしまうので、検討する必要があったりします。

スクエア型ライト




リングライト


リングライトは家庭用のものが多く、マイナーなメーカーやブランド無しのものなどリーズナブルに手に入れることが出来たりします。

リングライトは様々なタイプがあり、購入する際には注意が必要です。
多くがスタンド付きのものにはなりますが、卓上用や、パソコンに補助的に設置する製品もあります。

スタンドも製品によって調整出来る高さはまちまちなので確認しておいた方が良いでしょう。

また、リングの大きさも種類があります。
リングの大きい方が明るくなりますが、それだけ費用も上がります。
リングのインチ数は、参考までに、
  • 10インチ:オンライン会議、自撮り、化粧
  • 18インチ:生放送、ポートレート撮影
がだいたい適しています。

カメラやスマホやPCの補助ライト



カメラやスマホに固定して使用する補助ライトです。

この辺りの製品は、0.5mで1000lux以下くらいになります。

至近距離での撮影には適していますが、少し離れた撮影には厳しそうですね。

購入時に確認しておく内容

照明は失敗すると大きなゴミになってしまいますので、何も考えずに買うことは避けたいですね。

どの製品が自分の環境に一番適しているかを知ってから購入する必要があります。

購入するにあたっては、以下のようなオプションは欲しいですね。

  • 明るさ
  • スタンド有無
  • 明るさの調整(出来れば色味も)
  • 照明の大きさ

明るさ

照明によって明るさが異なります。

近距離用の照明や、スタジオ用の照明などがあります。

近距離で照明を当てるなら近距離用で大丈夫ですが、人物と距離をおいて撮影するなら、それ用の照明が必要になります。


初心者にお手頃の自宅撮影用照明

今回は、LEDの照明で、1万円前後までのお手頃な照明をまとめてみます。

スクエア型ライト

Hemmotop LEDビデオライト


2つ照明が付いてくるようです。

リングライト

リングライトは18インチほどになると光量もそこそこあるようで気になるのでまとめてみると、似たような製品が色々あるので迷います。

Neewer 18インチ


Neewerは、セミプロやアマチュア辺りでそこそこ有名なメーカーなので、その点は安心ですね。
このNeewerのRGBリングライトは、18インチだけではなく、14インチや16インチ、20インチなどのモデルもあります。

こちらに凄く分かりやすいレビューがあります。

↑↑ クリックすると動画が見れます ↑↑



これだけ変わるという具体例になってとても嬉しいですね!

ちなみにこちらの動画のモデルでは、ホワイトとオレンジのカラーフィルターが付属しているモデルですが、アップグレードでRGBモードが出来たみたいなので、購入する際は念のため注意と確認をした方が良いかと思います。

スペック
  • 288個のLED
  • 42W
  • 3つの照明モード:CCTモードで色温度(3200K-5600K)と明るさレベル(0-100%)を簡単に調整し、HSIモード( 0-360°のフルカラーと0-100%の彩度調整)
  • ノブを微調整してライトの設定を制御
  • ライトの本体は180°前後に回転
  • スタンドは1.5mの高さまで
  • スマホホルダー1つ
  • キャリングバッグ付き

他の類似品との違いは以下などです。
  • LED数が少なく見受けられる
  • ディスプレイにノブの数値が表示される
  • スタンドが1.5mまでと低め
  • リモコンが無い

数値が表示されるのは嬉しいですが、リモコンは欲しいと言った声が…
やはりブランドな分だけ高いのでしょうか。

YINGNUOST 18インチ


YINGNUOSTというブランドの公式サイトが見当たらないのでおそらく小さな会社と思われますが、その分価格はリーズナブルに手に入ります。

↑↑ クリックすると動画が見れます ↑↑



こちらの動画で丁寧に解説されています。
エフェクトなどとても分かりやすいですね。

RGBカラーがあるので、趣味で部屋をBarっぽく演出も出来そうです。

スペック
  • 408個の高輝度LEDランプビーズ
  • 50W
  • 4000ルーメン
  • 色温度は3000Kから6500Kまで調整し、明るさも0%から100%の間で好きなように無段階調整可能
  • 18種類のスタスティックカラーモードと25種類のRGBダイナミックカラーモード有
  • スタンドの高さは19インチ(約48センチ)から73インチ(約185センチ)の間で自由に調整可能
  • 無段階ノブ
  • ライトの本体は180°前後に回転
  • スマホホルダー3つ
  • リモコン付き
  • キャリングバッグ付き
  • 18ヶ月の保証付き

アップデート情報
この製品は、2021年と2022年とアップデートがあったようです。

Ayutong 18インチ


Ayutongというブランドの公式サイトも見当たらないのでおそらく小さな会社と思われますが、その分価格はリーズナブルに手に入ります。

こちらは、上記のYINGNUOSTの製品とかなり似ています。
照明エフェクト効果が違うのかなと見受けられます。
RGBカラーがあるので、趣味で部屋をBarっぽく演出も出来そうですね。

スペック
  • RGBリングライトは、高輝度336LEDランプビーズ+72RGBランプビーズ
  • 55W
  • 4000ルクス(多分4000ルーメンの間違い)
  • 色温度はRGB+3000K~6500Kと照明効果:49モード
  • 本体のつまみを直接使ってRGBの色と明るさを調整可能
  • スタンドの高さは48〜185cm
  • ライトの本体は180°前後に回転
  • スマホホルダー4つ
  • リモコン付き
  • キャリングバッグ付き
  • 12ケ月の保証付き

※サイトによっては、スタンドがは55CM~200CMと記載あり

アップデート情報
この製品は、2022年にアップデートがあったようです。
写真やレビューを見る限り、アップデートで色温度と明るさの調整が、ボタンからノブに変更になったように見受けられますね(要確認)。

PoplarTrees 18インチ


PoplarTreesというブランドの公式サイトが見当たらないのでおそらく小さな会社と思われますが、その分価格はリーズナブルに手に入ります。

スペック
  • リングライト416個のLEDランプビーズ
  • 65W
  • 3色モード/10段輝度調節 65W 3200-5500K
  • 色温度と明るさのノブ
  • スタンドは高さ調節可能範囲は80cm〜185cm
  • スマホホルダー1つ
  • リモコン付き
  • キャリングバッグ付き

※サイトによっては3000Kから6500Kとあり

3000Kから6500Kまでは無段階ではなく10段階の調光で、特に照明エフェクトはないようです。

Arisen 18インチ


Arisenというブランドも公式サイトが見当たらないのでおそらく小さな会社と思われますが、その分価格はリーズナブルに手に入ります。

↑↑ クリックすると動画が見れます ↑↑



こちらの動画で解説されています。
結構明るそうですね。

スペック
  • 448個のSMD LEDビーズ(224個の白色LEDと224個の黄色LED)
  • 80W
  • ダイヤルを回すことにより、輝度(10~100%の範囲に無段階調光可能)と2700k~5600kの色温度を直接調整可能
  • 色温度と明るさ調整ノブ
  • 2m調節可能ライトスタンド
  • スマホホルダー1つ
  • キャリングケース付き

リモコンが付いてない、約5500Kまで、照明エフェクトが無いようですが、80Wという明るさと2m調整スタンドが魅力的ですね。

エフェクトは要らないのでシンプルで明るいのが欲しい人に良さそうです。

最後に・・・

今回は
  • 照明のライトの種類
  • 撮影用照明の有名なメーカー
  • 照明の形の種類
  • 購入時に確認しておく内容
  • 初心者にお手頃の自宅撮影用照明
についてまとめてみました。

最後までお読み頂きありがとうございました。

[カテゴリ]

2023年02月22日

関連記事

照明器具などを選んだりしていると、光の強さなどが気になってきます。自宅...

2023年02月22日

Copyright© 2021-2024 iphone-photo-movie.com All Rights Reserbed.

当サイトに掲載している文章、画像などの無断転載を禁止いたします。