光の強さの単位はどんな単位がある?

照明器具などを選んだりしていると、光の強さなどが気になってきます。

自宅撮影なら自宅撮影用で、それに合った光の強さを選びたいところです。

当然、光の強さが強くなれば機材も高くなるでしょうし、電力も消費します。

光の単位は、主に
  • Lm(ルーメン)
  • Lux(ルクス)
  • cd(カンデラ)
  • K(ケルビン)
があります。

では、順番に見ていきましょう。

光の単位の違い

Lm(ルーメン)

Lm(ルーメン)は、光源から放たれたすべての光「光束」の量を表す単位です。

いわゆる、光の総量のことです。

Lux(ルクス)

Lux(ルクス)または単位記号では「lx」は、照らされた場所に、どれだけ光が入っているかを表す「照度」の単位で、光源から遠ざかるほど数値は小さくなります。

cd(カンデラ)

cd(カンデラ)は、光源から出る光の強さ「光度」を表す単位で、照らす範囲の一番明るい箇所の数値です。

カンデラは、ラテン語で「ろうそく」を意味する言葉で、英語のキャンドルと同じ語源の言葉です。

なので、1cdは一般的なろうそく1本の明るさとほぼ同じとなっています。

K(ケルビン)

K(ケルビン)は、上記3つの単位とは種類が異なり、色の温度を表す単位です。

低いほど赤みがかった色、高いほど青みがかった色になります。

電力の単位

光の単位と合わせて、電力の単位も書いておきます。

A(アンペア)

A(アンペア)は、電流の単位のことです。

V(ボルト)

V(ボルト)は、電圧の単位のことです。

W(ワット)

W(ワット)は、消費電力のことです。

A × V = W(電流 × 電圧 = 消費電力)になります。

実際の例での単位の目安

では、各単位の実例はどれくらいなのでしょうか。

ルーメン

懐中電灯

100lm〜1500lm

部屋の明かり

部屋の広さ ルーメン(光の総量)
6畳 約2000lm
8畳 約3500lm
10畳 約5000lm

商品撮影ボックス

約6000〜8000lm

ルクス

ルクスは、ライトから〇〇mで〇〇lxといった考え方になります。

撮影機材での例

リフレクター付き照明

こちらは93350lux/1m となっています。


こちらは34600Lux/1m となっています。


こちらは、10100lux/1m となっています。

遮光板付き照明

例えばこちらの照明ライトであれば、
15500Lux / 0.5m、6000Lux /1m
となっています。


こちらは、3360Lux/1m となっています。

スクエア型ライト

こちらは、最大照度1100Lux / 0.5m となっています。

スマホやカメラの補助ライト

こちらは、985Lux / 0.5m となっています。

最後に・・・

今回は
  • 光の単位の違い
  • 電力の単位
  • 実際の例での単位の目安
についてまとめてみました。

最後までお読み頂きありがとうございました。

[カテゴリ]

2023年02月22日

関連記事

自宅で一眼レフで撮影していると、照明が欲しくなりました。なぜかというと...

2023年02月22日

Copyright© 2021-2024 iphone-photo-movie.com All Rights Reserbed.

当サイトに掲載している文章、画像などの無断転載を禁止いたします。