【画像を動かす】iPhoneスマホのおすすめモーションアプリ【画像の動画化】

おすすめのモーションアプリ

モーションアプリは、静止画に動きを付けて、まるで動画のようにするアプリです。

リスナーを飽きさせないようにするのに良いですね。

まず最初に挙げておきますが、モーションアプリは
  • PhotoDirector
  • Motionleap
の二つのアプリがおすすめです。

それらのアプリを比較しながら、メリットデメリットや、上手い使い方をまとめて行こうと思います。

PhotoDirector

写真加工 & 画像編集アプリ-PhotoDirector

写真加工 & 画像編集アプリ-PhotoDirector

CyberLink無料posted withアプリーチ


PhotoDirectorは、動画化以外にもたくさんのツールがあります。


今回は、この中の動画化機能(モーション)を紹介していきます。

動くエフェクト


「動くエフェクト」を選択すると、このようなメニューになります。

では、それぞれについてまとめていきます。

エレメント

エレメントは、動くスタンプのようなものです。

PhotoDirectorのスタンプはいかにもスタンプって感じで、Motinleapにも同じエレメント機能がありますが、Motionleapの方がお洒落なイメージがあります。

オーバーレイ

オーバーレイは、色々なものを降らせたり出来ます。

テンプレートから合成することが出来ます。

こちらはテンプレート的な感じで、MotionLeapのオーバーレイの方が自然な感じでおすすめです。


空を加工するモーション機能です。


虹や花火などがあります。

回り込み

動くスタンプのような機能です。

光線エフェクト

PhotoDirectorで特におすすめの機能が、太陽の光がモーションで表現出来るこの機能です。

太陽の光がゆらゆらと神秘的に表現出来ます。

  • 単光源
  • 方向
があり、それぞれ光の量や速度など、細かく設定出来ます。

単光源

単光源はこのような一点からの光の拡散になります。

  • 強度
  • 長さ
  • 光線の色
  • ソフトネス
  • 拡張
  • 範囲
  • 方向
  • モード
など、各パラメータから細かく設定が出来ます。

方向

方向は、同じ方向に向かって光線を平行に表示します。

こちらも、

  • 強度
  • 長さ
  • 光線の色
  • ソフトネス
  • 拡張
  • 範囲
  • 方向
  • モード
など、各パラメータから細かく設定が出来ます。

ピンボケ

ピンぼけも、PhotoDirectorの魅力的な機能です。

周辺を選択してぼかしつつシャボン玉などの動くオブジェクトを軽くモーションすることが出来ます。

選択した項目を更にタップすると、


効果の強度も設定出来ます。

オブジェクトを透過にしてぼかしのみにすることも可能です。

ぼかし種類
ぼかし種類には
  • 円形
  • 線形(リニア)
  • ブラシ
があり、「ブラシ」を選択して範囲を選択しなければ全てぼかすことも出来ます。

それぞれぼかし具合を調整することも可能です。

スパークル

スパークルは、星のキラキラのモーションを入れることが出来ます。

星の数や大きさも設定出来ます。

手動で星を追加することも出来ます。

アニメートツール

静止画に任意の場所を指定して動きを付けることが出来る、おすすめの機能です。

上の画像の指定では海の波を流れるように出来ます。
指定した周りまでゆるやかに動かしてくれるので、Motionleapよりも自然な感じに出来ます。

  • モーション
  • アンカー
  • フリーズ
  • 速度
  • 削除
があります。

分散

この分散も素晴らしい機能です。

上記の画像は、砂が飛ばされている様子を表現しています。

様々なの形のものを、流れるように分散することができ、
  • シェイプ
  • サイズ
  • 方向
  • モード
  • ストレッチ
  • フェード
  • 速度
が設定出来ます。

シェイプ

シェイプは、このように様々な形から選択出来ます。

モード

モードで、このように変更出来たりします。

Motionleaf

Motionleap写真アニメーター: 画像をGIFアニメ&動画に変える!Lightricksより

Motionleap写真アニメーター: 画像をGIFアニメ&動画に変える!Lightricksより

Lightricks Ltd.無料posted withアプリーチ


Motionleapは、下記のPhotoleapにある機能と同じです。

2023年5月時点では、
Motionleap Photoleap
年間サブスク 383円 / 月 400円 / 月
月間サブスク 1,280円 / 月 800円 / 月
一括購入 12,000円 30,000円

となってます。

月間ならPhotoleapの方がサブスクが安くなっていますね。

ちなみにMotionleapはPhotoleapのモーション機能のみのアプリのようです。


まずファイルを開くとこのような画面になります。

では、順番にまとめていきます。

動画化


PhotoDirectorのアニメーションツールのような機能です。
PhotoDirectorの方が周りに馴染むように動くので、PhotoDirectorの方が自然な感じがします。

しかもMotionleapはこの機能はサブスクなので、PhotoDirectorを使った方が良いでしょう。

エレメント


蝶々などの動きのあるアイテムを挿入できます。

オーバーレイ


Motionleapでおすすめの機能はこれです。

花びらやシャボン玉やスモークや雨や雷などの動きのあるエフェクトを挿入できます。

エフェクト


PhotoDirectorの分散のようものがたくさんあります。

様々な形だけでなく煙などもありますが、始点を指定した時に、中央から左にしたら右側に、中央から上にしたら下側に動きが変わってしまうので、その辺が自由度が少なく使いにくいなと思いました。


こちらはMotionleapのおすすめ機能です。

空を劇的な空に変えたり動きを付けます。

種類もたくさんあり、かなり良いです。

ウォーター


水に動きを付けます。こちらもかなり効果的です。

水の流れや波などもあります。

Photoleap

PhotoleapもMotionleapと同じ機能があります。

用途に合わなかったアプリ

Pixamotion

モーション機能は少ないです。

速度は変更出来ますが、サブスクです。

Vimage

英語で使いにくかったです。

StoryZ

こちらも英語で使いにくいです。

最後に・・・

今回は
  • おすすめのモーションアプリ
  • 用途に合わなかったアプリ
についてまとめてみました。

最後までお読み頂きありがとうございました。

2023年05月09日

関連記事

パソコンソフトで有名なPowerDirector。そのスマホ版です。...

2021年09月30日

iPhoneで画像を触ってると、Jpegファイルなのか、Pngファイルなのか確認したい時があります。...

2022年01月03日

おすすめの動画編集アプリ出来るだけパソコンは避けてスマホで動画を作りたく、スマ...

2021年09月30日

最近動画を作る際、動画化アプリがかなり役立っています。動画素材がない時...

2022年09月04日

現代は、モバイルアプリにもかなり種類があり、その中で優秀なアプリや自分に合っているアプ...

2021年10月04日

Copyright© 2021-2024 iphone-photo-movie.com All Rights Reserbed.

当サイトに掲載している文章、画像などの無断転載を禁止いたします。